スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
どうして?
2007/09/18(Tue)
20070918164732


わたしの心の奥の奥に
そっとそっと何かが触れると
が出るのは
どうして?

うれしくて
幸せなのに
寂しさ
虚しさ
消えないのは
どうして
スポンサーサイト
この記事のURL | 写真+詩など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
青い鳥
2007/09/03(Mon)
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
この記事のURL | 自分を探す | ▲ top
幸せデザート♪
2007/07/19(Thu)
20070719065918


このデザートを見た瞬間
幸せのオーラを感じたの♪
わたしはあまり食べ物に執着がないからか
今まではそんなことを感じたことがなかった


近所に薬膳カレー屋さんがあります
これはその店の手作りのデザートです

ママさんが一人で経営するお店は
カウンターを含めて15人ぐらいが座れる
家庭的なお店です

彼女は手作りがだーーい好き
カレーは47種類のスパイス入りで
身体にとってもいい感じ

それだけじゃない
このデザートがすごいの

ママさんが毎日3種類は作ってます
この日の手作りメニューは5品


・大麦若葉のゼリー(緑色)
・オレンジジュースの寒天(オレンジ)
・豆乳とココアパウダーのババロア(モカ色)
・野菜ジュースのシャーベット(赤)
・手作りアイスクリームとスイカ


もう見た瞬間
色どりもよくって
そりゃあ、幸せになります♪
こんなに愛情がこもってるんだもん


この日はチルと行ったのですが
ここでまた凄いご縁が!!!

実は2人して近所でライブのできそうな店を
探していました
わたしは前から何度もここに来ていたけれど
2人で入った瞬間

「ここ、よくない?」

と顔を見合わせて囁きました
だって席が十数個で人数的に希望通りだし
よくみたらステージみたいなのがあって
(今は物置になっている)
そこにスポットライトまで天井に付いています

そこでママさんに聞いてみると

「どうぞ、どうぞ、ただで貸しますよ」
と二つ返事でオーケーでした
やった~~~☆

ママさんは明るくて気さくで
関西弁の素敵な美人さんです


もう2人はすっかりその気です
さあ、いつ頃になりそうかなぁ

+カレー+デザート

これでみんな幸せになれたらいいなぁ^^*
この記事のURL | 不思議とか縁とか | CM(4) | TB(0) | ▲ top
幸せのトンネル
2007/07/18(Wed)
そのおっちゃんの孤独を思ったとき
涙が頬を伝って落ちた

ほんの小さな出会い
また会えるともわからない

ただその時を一緒に過ごして
「今日はあなたたちと出会えてよかった」
と言った

おっちゃんは数日前が誕生日だったと言うから
ビールの大ジョッキとお猪口で乾杯した


****************


雨の夕べ
遅い時間にチル(友)といつものトンネルった
その帰り道のできごと

「ずぶ濡れじゃないか。
何か温かいもの食べていこう」

と言われてわたしたち2人はすっかり
おっちゃんについていって
ラーメンを奢ってもらったのでした

(良い子の皆さんは、真似しないでください。
知らない人にはついていってはいけませんよ!)

おっちゃんは離婚し家族とは離ればなれ
仕事がらいろんな地方を点々としている
今のことろはちょうど一年になる

おっちゃんには娘が三人いるが
一番したの娘とチルが似ていたんだって
それで声をかけてきた
(ちなみにおっちゃんはは聴いてません)苦笑^^

しかも娘さんとチルは名前まで同じだった!
(例えば、裕子と裕、というように)

チルはお父さんを亡くしているけど
そのおっちゃんの言う言葉が
自分のお父さんとそっくりだったという

「ゆっくり食べなさいって、よく言われた。
さっき(天国の)お父さんが側に来てました」
そう感じたらしい


*******************


薄暗いトンネル
仕事帰りなどたくさんの人が通る

カップル
親子連れ
中高生
サラリーマン
犬をつれたおじちゃん
よっぱらいのおばちゃん
たまにお巡りさん
いろんな人が通る

きっと心模様も様々だろう

そのトンネルを通る30秒ほどの間
わたしたちのを聴いて
少しでも幸せな気分になってくれたらいいな

そんなことを想った

幸せトンネル
そんな言葉が頭をよぎる

帰り道
わたしたちはラーメンや熱燗で
すっかり温かかった
この記事のURL | 不思議とか縁とか | CM(2) | TB(0) | ▲ top
憧れる風景
2007/06/07(Thu)
20070607233258



仕事の帰りなんかに
ふと憧れ風景

切なくて
懐かしくて
無性に憧れ風景

帰りたいのに
帰れない

温かい団欒
安らげる明かり
窓から零れる
幸せそうな笑い声

どこかへ忘れてきたのだろうか
時の片隅に置いてきたのだろうか
それとも
ただ見えないだけなのだろうか

泣きたくなるようなこのキモチ
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。