スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2月に入ってふと生まれた歌。
2013/02/11(Mon)
二月になって、ふとできた

よくを聞いて下さるKさんが、ネット上で、
心身ともに疲れたなぁなんて言うから、
今度あったら、Kさんに向けておう。
お風呂に入って、ほっこりしたような、
心にそっと寄り添うを。

そう思ったら、コードとメロディーと詞が同時に湧いてきて
あっというまに、できました♪

後日、言葉がどうしても足りないところなどを
作り込みました。

次は歌い方を磨かなくては。

この歌を作って歌って、わたしは自分の歌づくりの原点に戻れた。

わたしはどんな歌でも上手に歌いたいわけじゃなく、
また歌えるはずもないのだけど。

こんなふうに、誰かに何かを伝えたいと思ったときに
歌ができある。

誰かに伝えたい思いを歌いたいから、
歌を作って、歌う。

もちろんいろんな歌を幅広くうたうことは
自分の勉強になるのでいろいろ歌いたい。

でも原点を忘れないよう、ときどきこうして確かめていこう。
そんな意味の唄にもなりました。

だからKさん、ありがとう。

次に記事の詞を書きます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(0) | TB(0) | ▲ top
映像と歌のコラボ♪
2011/02/05(Sat)



羽のない鳥
映像をつけていただきました。

とんぼさん、ありがとうございます♪

画像はすべて、とんぼさんのオリジナルです。

とにかくアップしますね。

どうぞお聞きください
この記事のURL | 音源・はなうた | CM(2) | TB(0) | ▲ top
暗がりのGuitar
2008/10/15(Wed)
20081015164856


暗がりのギター考える


世界にたくさんのがあり
世界にたくさんのがあり
世界にたくさんのギターがある

街を歩けば聴こえてくる

そんな中でわたしは何でうんだろう?
最初は自分のためだった
夢中でった
上手いとかヘタとかじゃなく
自分を吐き出すために歌った

今は何のため?

自分が楽しむ
みんなと楽しむ
それで十分だ

「あなたの歌が上手かは分からない
でもね、あなたの歌が好き」

そういってくれる人たちのために歌う
それでいいんだよね

今までも何度も失敗したし
恥なんてたくさんかいた
いつまでもそんな自分が情けないな

だから・・・
そこに留まっていたくない
もっと上手になりたい

でもそんなに欲張っちゃいけない

だけどホーリーやパグマの歌を思うと
上手じゃないのに心に響くんだ

それって何だろう?


暗がりでギター考える
この記事のURL | 写真+詩など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
神をも恐れぬ所業
2008/10/01(Wed)
もう10月になってしまいましたね
2008年もあと3ヶ月かぁ
早いな

最近はもちろんっています
日曜日はりおんちゃんのところの
小さな神社のお祭りがあり
そこでわせていただきました

ありがとう!!!

その前日
夢に現れたんですよ
小さな山の神様
ヨーダみたいなおじいちゃんで
わたしの胸の痛みを取ってくれたの
りおんちゃん(=ヒーラー)みたいだな^^

当日にりおんちゃんにその
話をしたら・・・
「ここの神様、小さな山の上にあるんだよ」だって
びっくり!
本当にこちらの神様だったのかもしれません

しかし、神様の前でわせてもらうなんて
こんな光栄なことはありません
「神をも恐れぬ所業」とはまさにこの事!
恐れ多いことです

町内会のおじちゃんたちは
みんな酔っ払っていたので
緊張せずにえました

最後は子どもちというカワイイ天使たちが
たくさん集まってきてくれました

それに歌では、ちょっと初の試みをしたのですが
それがとても心地よかったのです
その初の試みとは・・・

(続くといって、いつも書かないわたし。
ごめんなさい。今回はすぐにカキコします^^)
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子どもになって
2008/04/20(Sun)
20080420170602


子どもたちと楽しくった
その帰り道
公園でもった
ど真ん中のベンチで
大声でった

ブランコにも乗った
いっぱい漕いだら
子どもになって
空に落っこちました
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
証拠写真
2008/04/15(Tue)
20080415143959


の降る日曜日

予定通り早宮公園(練馬区)のイベントに出かけ、子どもたちと遊んできました
ダウンジャケットを着てきて正解なくらい、寒かった~~
咳はまだ続き、声もおかしいので、はほんとに証拠写真を撮るためにった程度でした

これが証拠写真です^^(プロフ写真もこれにしました)
ケータイの「油絵タッチ」というのに変換してみました

今週末の子ども会イベントでは、もう少しえるようになっていたいな
昨日は咳のせいか、右腰が筋肉痛になっていました><;;

でもいたい気持ちは逆にいっぱい積もっています
いたい歌いたい、今日のような青空と太陽の下で歌いたい!!
この記事のURL | 写真+詩など | CM(4) | TB(0) | ▲ top
風は歌い、木は踊る
2007/10/23(Tue)



音楽が溢れ出すと

風は
木は踊る

子どもたちは
揺れている


ドラムが鳴り響くと

小鳥は羽ばたき
光はきらめく

女も男も
リズムを刻む


(このサイズは、パソコンでは縦に
アップされるはずなのに・・何故か横><)
この記事のURL | 写真+詩など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
心を拾い集めて
2007/09/23(Sun)
バラバラにちらばった
かわいそうなたち

悲鳴を拾い集めて
それをほんの少しだけ忍ばせて

を作っていけたらいい
っていけたらいい

それが全てではないけれど
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カウンセリングって?
2007/09/18(Tue)
日本カウンセリング・センター(新宿)


最近仕事がらみで
カウンセリングに興味があるので
サイトを見ていたら
講座の中に「野口体操」の文字が!
これはう者にとっても重要な体操だと
ボイストレーナーのキミコさんに教わったものだ
(まだ未体験です)
演劇の竹内敏晴さんそして
大好きな詩人・谷川俊太郎(愛をこめて敬称略で呼んでるの)にも
繋がってるの、わたしの中では


心と身体は一緒なんだ!
食べ物だって大事だし
心だけをどうにかしようなんておかしい
それこそが西洋チックでしょ?
心だけを取り出してどうにかしようとするんだもん
(これは無知なわたしの偏見ですけど)

その上「芭蕉」の俳諧までも出てくるの!
日本人のメンタリティを理解するということらしいが
なんかわたしのカウンセラーに対する偏見が
吹き飛んだかもしれない(笑)

カウンセリングって自分が成長することだ
カウンセリングって自分を知ることだ

心と身体、一緒なんだから
身体だけで人を好きになれない
(見た目だけで好きになるけどそれは・・置いといてw)



カウンセリングに行きなよ」と
3,4年前にしい友人に何度も言われた
友人から見てわたしは
そういう危なっかしい状態だったみたいだ

結局行かなかった
なぜなら「カウンセリング」ほど怪しいものはないと
思っていたから

西洋ちっくなのがまずキライ
箱庭療法だとか
アートセラピーだとか
話を全部受け止めて聞く
否定してはいけないだとか
そんなんじゃダメなの!

わたしの話を真摯に受け止めて
批判もせずに気持ちも聞いてくれる友達なんているから
必要ないんだよね
そんなの「今」のわたしには必要ない
モノを書くことは昔からだったから
自分を多少なりとも見つめてもいたと思う
がキライというのも
「近所のおばさんなんだ」と他人かすることで
また、子どもが生まれ育てるなかで
解消していったつもり

行くところなんてなかった
だから緊急避難的に(笑)別のところにいったりして
結局、音楽を必死につかんだ

呼吸をしてってってって
泣いて泣いて泣いて
そのうち言葉もメロディも自分のオリジナルにして
ってって歌って
ああ!
吐き出したのかもしれない
何かを

下手でも歌うことが気持ちいい
もっと気持ちよく歌いたいからわたしは
ボイトレをする!!!
思い通りの声で歌えたらもっと気持ちいいはずだから
そして伝えたいことをあますことなく伝えたいから

そのときたまたま聴いてくれる人も
気持ちよければいいな
そんときには自分が吐き出すだけじゃなくて
聴いてくれる人の何かも吐き出す力を持ちたい
何だか大層なこと言ってますけれど
40も半ばを過ぎて歌うって
そういうことかもしれないな

ヒーラーのりおんちゃんみたいに
不思議な力があって
自分で自分を癒すというのができたらいいのに

仕事も音楽もつながっていく・・・
さて、どこで勉強したらいいのかな?
この記事のURL | 不思議とか縁とか | CM(6) | TB(0) | ▲ top
茜色の心で
2007/09/08(Sat)
20070908214231


ライブの日の夕空は
東の空も西の空も
どこを見ても茜雲が広がっていた

茜色に染まった心が
どこまでもどこまでも
自由に広がっていく

ライブが始まる前
外に出てこっそり見ていた夕空
一人占めしてしまうのがもったいなくて
誰かに伝えたくて
ケータイを握った右手を空に差し出す

こんな美しい空の日は
自分の存在がちっぽけに見え
自分の哀しみもちっぽけになる

美しさに圧倒されながらも
二本の足で大地を踏みしめ
しっかりと立っていた

宵闇とともに
寂しさがやってきたとしても

またここに戻れば
音楽が大好きなひとたちが待っている

いろんな音が溶け合う場所で
いろんな心の溶け合う場所で

今日もおう、茜色の心で!
この記事のURL | 音楽 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。