スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「空」はなうた*オリジナル歌詞
2008/04/28(Mon)
  「」   詞・曲 はな


見上げればそこにがある
ボクらをいつも包んでる

キミと通ったあの道
手をつないだ夕
一人見上げる星の涙

どのボク
ボクふるさと
心に刻んで歩いてゆこう



キミがいつか遠い町に暮らしても
ボクらのを思い出して

キミと咲かせた白い花
寄り添ったベンチ
夏のブランコ揺れる影

どの空もキミの空
キミふるさと
つながっていること忘れないで


キミの空はボクの空
ずっとふるさと
つながっていること忘れないで
つながっていること忘れないで


(はなうた*)

去年の6月ぐらいに作りました
ふるさと」をテーマにという依頼で
作ってみたのですが
是非、全国の小学校で歌ってほしい♪
その前に歌わなくちゃ^^
スポンサーサイト
この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(0) | TB(0) | ▲ top
胎児のように
2007/10/02(Tue)



200710022318382


胎児のような
のはじまり
を往く
の胎動
逢いたくて
逢いたくて
生まれてきたの


(アップしてみて大きさが分かったりで
まだ上手くアップできません。
撮影サイズもちょうどいいのが無いかも)

この記事のURL | 写真+詩など | CM(6) | TB(0) | ▲ top
Boxerのように
2007/09/24(Mon)
20070924131115


されることが苦手です
されたいと切望しているのに

いつも一人で立ち上がってきた
いく度倒れても立ち上がる
ハングリーボクサーのように

に伸びる階段
上っても近づけない
美しい
この記事のURL | 写真+詩など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
空とビルと風と
2007/06/28(Thu)
20070628213310


を眺めてた
ビルは気まぐれなを眺めてた

自分の身体にを映して
を眺めてた

がやってくれば
夕焼けになれば茜
映していた

っぽなビルの身体の中を
ふっとが吹いた

ビルの映すことに疲れた肌も
やさしく撫でていく


ねえ
このはどこから吹いてくるの
ビルが尋ねると空は答えた

深い深い
だーれもいない
千年生きてる精霊
ほっと漏らした溜め息なんだ
はいつも
そこから始まるんだよ

千年の溜め息かぁ・・・
ビルが呟いた

ビルを心に描き
また空を眺めた

空は相変わらず
気まぐれそうな色をしていたけれど

のことが
少しわかった気がした

いつかも映してみたい
そう思った
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。