スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
重要なメッセージ
2009/08/28(Fri)
何気ない言葉の中に
重要なメッセージがある

わたしの場合
それは友達の言葉だったり
新聞の中の文字だったり
ふとひらめいたことだったり

今の仕事を始める時もそうだった
何気ない友達の言葉
彼女は覚えていないくらいの
日常会話がきっかけだった

そいういうことは
気づけばたくさんある
聴き逃していることもあるかもしれない
感じてもそのまま忘れてしまうこともある
もったいない><;

そういうメッセージを感じていくと
自分のやるべきことや
これからの方向が見えてくる
指示してくれている
それでいいんだよって
GOサインのようなもの


それを感じるのは難しいんじゃなく
実はとても簡単なこと


自分がいま何をしたいのか
どうしたいと思っているのかを
常にクリアにしておく
わたしはそれだけ^^

望みや願望
欲望というものでもいいかもしれない
そういうものをクリアに持っておくだけ



この前何気なく聞いたセリフは

「○○にしょっちゅう来ることになるよ」

ああ、そうだ
がんばろっと♪
楽しもうっと♪

スポンサーサイト
この記事のURL | 不思議とか縁とか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自由について久しぶりに考えた。
2009/08/28(Fri)
自由についてはずっと考えてきた

最初意識したのは30年前
そして15年前


もともと日本にあった言葉じゃない
明治のころに入ってきたと聞いた

だから日本人はわかっているようで
分かっていない言葉なのかもしれない

誰もが自分で考えなければならない
言葉の一つと言えるんじゃないか

自由になりたい魚の話
シュタイナーの話
自由自在という言葉

ある哲学者が言っていたけれど
自在という言葉はいい
日本人だからか私にはなじむ

自在カギというものがある
囲炉裏の火の上でやかんや鍋を
ひっかけておくあのカギのことだ

自ら在る・・・自在
自在でいたいと思う
自らを操って生きる
自在に空を飛びまわる鳥のように


さて自由の話の戻ると

人は誰もが自由に生きたいと思うもの
だけれどしがらみやら生活やらがあって
なかなかできないものでもある

自由のとらえ方も様々だろう

枠の中に自由があると考えると
牢屋にとらわれた人の自由とか
縛られているからこその自由とか
自由に生きるとか
自由な歌とか

何かとセットで自由はあるのかもしれない


よく「自由には責任が伴うのよ」という
責任のとれないことは自由ではなく
それはただのわがまま勝手ということだ

でも私は責任をセットで考えたことがない
むしろ「自由と孤独」はセットだと思う

自由でいことは人に理解されないことが多い
ひとりで何かを成さなければならなかったり
でもその孤独を抱えることができてこそ
自由でいられるのだと思う



でも最近もっと強く思うのは
人の自由と自分の自由がぶつかるとき
自分の自由だけを主張することはできないということ
人の自由も認めることができてこそ
自分の自由もあるということ

だからもっと人の自由にも敏感でありたい
自由な行動だけでなく
人の自由な想いをつぶさないように

自由な想いでしたこと
あるいはしてくれたことを
自分の自由のために無視することは
それはただの我ままだ

決して「自由」とは言って欲しくない
自由ではない
勘違いして欲しくない

相手の想いを尊重することを
忘れてはならない
ただそのために自分の想いを消すということではない

一番大事にするべきはやはり
自分の思いであり、自分の自由である
自分を大切にする人こそが
相手をも大切にできる人だと思う

ただ自分の自由を通すために
人をないがしろにするのはやはり
間違っている
なぜなら自由な想いを奪われたら
それは苦しいから

人の苦しさの上に自由などあるわけがない

相手の自由と自分の自由
どちらも成り立つことが
本当の自由の世界ではないだろうか

想いのまま走ることが
ときに自由に見えるけれど

それが本当の自由であるのかどうか
人の自由を尊重しているのかどうか
それを感じる感性が大切だと思う

自由には「感性」が伴う
相手の自由を奪わない「感性」が
今大切に思える

この感性を持ったひとこそが
本当の自由人であるかもしれない

自由自在に生きたい。
この記事のURL | 自分を探す | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。