スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「悲しみの刃」はなうた*歌詞
2012/11/12(Mon)
久しぶりに歌詞を書きます。
(まだ書いていないのもありました。後ほど)
多少直しをしていく予定。




 「悲しみの刃」  詞・曲 はな


歩道橋から見下ろす甲州街道
赤い川のように流れる車のテールランプ
恋人たちをいざなう夢イルミネーション
幸せそうな人たち行き交うストリート
あてもなく歩いた
すれ違うたび
すれ違うたび
悲しみだけが
悲しみだけが 
悲しみだけが冴えわたる
暗闇に光る今夜の冷たい月のように


かき消されてく届かない旋律
ギター抱えてどこえゆくんだろう
消え去ることも溶け込むこともできずに
幸せそうな人たち溢れるストリート
あてもなくさ迷い
すれ違うほど
すれ違うほど
悲しみだけが
悲しみだけが
悲しみだけが冴えわたる
暗闇に光る今夜の孤独の月のように


悲しみはナイフの刃にように
何度も何度もわたしを切りつける


※13日に手直し、ほぼ完了♪
メロデイとコードもほぼ決まり。
あとはアレンジと、どう歌うか。
それがね、難しい(-_-メ)

スポンサーサイト
この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。