スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ただいま~おかえり~」はなうた*オリジナル歌詞
2013/02/14(Thu)
  「ただいま~おかえり~」 詞・曲はな


放課後チャイム鳴り
教室飛び出した
真っ直ぐに走ってく
いつものあの場所へ

宿題しておやつ食べて
お絵かきしてドッヂボール
ときにはケンカもするけど
友だちさ~(せーの)

ただいま おかえり
キミがうれしいときは
ただいま おかえり
幸せグルグル回っちゃう

ただいま おかえり
綿菓子みたいな言葉さ



背中のランドセルが
何だか重たくて
泣きながら歩いてく
ボクらのあの場所へ

宿題もしたくないし
みんなとも遊びたくない
そんなときがあっても大丈夫
待ってるよ~(もういっちょう)

ただいま おかえり
キミが悲しいときは
ただいま おかえり
涙シュルシュル吸いとるよ
ただいま おかえり
ハンカチみたいな言葉さ


ただいま おかえり
ボクもワタシも先生も
ただいま おかえり
パパママ じいちゃんばあちゃんも
パンコさんのパンが大好き
ただいま おかえり~
綿菓子みたいな
ハンカチみたいな言葉さ

ねばぁらんど(←NPOの名前です♪)


****


ねばあらんどの学童の先生たちにも
先日、職員会議で聴いていただいたそうです。
ありがとうございます。

歌詞のアップを忘れていました。
(一月に作りました)
スポンサーサイト
この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(3) | TB(0) | ▲ top
「ふるさとの詩」
2013/02/11(Mon)
去年作った歌の歌詞を手直ししました。
一回しか、お客様の前で歌ってないのです。
それは、納得しなかったからだと思います。


****


「ふるさとの詩」 詞・曲 はな



母さんのようにおむすびを 結ぶことができない
母さんのように梅の実を 漬けることができない

遠くにありて想うもの ああ、ふるさとというものは 
月日経つほど懐かしい ああ、ふるさとというものは

醤油の浸みたこげ茶色の お鍋の大根嫌いでした
夕立に濡れ叱られて 夏の花火に涙かわく

子どもの頃は見えなかった
日々の暮らしの温もりよ



母さんのように野辺の花 咲かせることはできない
母さんのように畑に立ち 耕すことはできない

遠くにありて想うもの ああ、ふるさとというものは
月日経つほど懐かしい ああ、ふるさとというものは

秋の夕暮れつるべ落とし 「ただいま」言っても返事はなく
冬はコタツに潜り込んで 母の帰りを待っている
そのうちに 眠っていた

子どもの頃は見えなかった
日々の暮らしの刹那さよ


子どもの頃は言えなかった
「ありがとう」という言葉
「有り難う」という言葉








この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ぽろぽろなみだ」はなうた*オリジナル歌詞
2013/02/11(Mon)
  「ぽろぽろなみだ」 詞・曲 はな


何だかわからないココロの中
ふいになみだがこぼれそうだよ
ダレカがそばにいてくれたなら
なみだのワケを聞いてくれるかな?

ぽろぽろなみだ 掌に落ちて
ぽろぽろなみだ 小さな海になる
ぽろぽろなみだ 風に吹かれてく
ぽろぽろなみだ 空に昇っていくよ


Hu~~wa huhuhuhu
ランランラン、らららら、ラララランランランランラ


ワタシのココロは鉛色で
今にも土砂降りの空模様
大好きなアナタがいてくれたなら
その胸に顔うずめ泣いていいかな?


ぽろぽろなみだ 闇に紛れてく
ぽろぽろなみだ もう戻れないヨ
ぽろぽろなみだ 雨に溶けてゆく
ぽろぽろなみだ 海に還ってゆくよ


ぽろぽろなみだ 川の旅をして
ぽろぽろなみだ 海の青になる
ぽろぽろなみだ 朝日と出会って
ぽろぽろなみだ 虹を渡ってゆくよ
ぽろぽろなみだ 風に吹かれてく
ぽろぽろなみだ 空に消えてゆくよ


Hu~~wa huhuhuhu
ランランラン、らららら、ラララランランランランラ

ぽろぽろなみだ
ぽろぽろなみだ


この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2月に入ってふと生まれた歌。
2013/02/11(Mon)
二月になって、ふとできた

よくを聞いて下さるKさんが、ネット上で、
心身ともに疲れたなぁなんて言うから、
今度あったら、Kさんに向けておう。
お風呂に入って、ほっこりしたような、
心にそっと寄り添うを。

そう思ったら、コードとメロディーと詞が同時に湧いてきて
あっというまに、できました♪

後日、言葉がどうしても足りないところなどを
作り込みました。

次は歌い方を磨かなくては。

この歌を作って歌って、わたしは自分の歌づくりの原点に戻れた。

わたしはどんな歌でも上手に歌いたいわけじゃなく、
また歌えるはずもないのだけど。

こんなふうに、誰かに何かを伝えたいと思ったときに
歌ができある。

誰かに伝えたい思いを歌いたいから、
歌を作って、歌う。

もちろんいろんな歌を幅広くうたうことは
自分の勉強になるのでいろいろ歌いたい。

でも原点を忘れないよう、ときどきこうして確かめていこう。
そんな意味の唄にもなりました。

だからKさん、ありがとう。

次に記事の詞を書きます。
この記事のURL | 歌詞・はなうた | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。