スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
好い加減
2008/06/21(Sat)
20080621102632


こんな朝に
こんな草を見つけた

ちょうどいいところに
ステキに伸びている

そういうもんなんだな
伸びる芽は負けない

「好い加減」に伸びる

その芽が伸びるように
枯れないで生きるように
応援するだけ

それはでも簡単のようでいて
難しい

いい加減でなく
「好い加減」

一つの価値観を大事にしながらも
同時に別の価値観を知る

あなたはあなたでいいんじゃない?
だけどわたしは違う
これは無関心

あなたはあなた
わたしと違うけど大切

どうしてそうなんだろう?と
想像してみること
想像してみること

自分を持ちつつ
主張し過ぎず
想像してみること

それは自分を捨てることじゃない
こだわりつつこだわらないこと
想像してみること
想像してみること

相手を受け入れることで
さらに自分の世界を広げる
それが「成長」
変化することが「成長」

多様な価値観を自分の中に取り込むことは
自分を捨てることじゃなく

自分が宇宙になるということ
自分が宇宙になるということ
この記事のURL | 写真+詩など | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<かしわ駅ストリート | メイン | 歌がこんなに気持ちいいなんて♪>>
コメント
-  -
共感できることがたくさん書いてあるんですよね。
はなさんのブログには。
とくに共感したのはこの日の日記。

僕は変に自分という「個性のようなもの」にこだわってたんですが、
ちょっと回り道したなぁと最近思います☆
妙なこだわりはいろんなものを遮断してしまう。
「自分以外」を受け入れられない状態になってしまっている。
そんなこだわりなら捨てたほうがいいな、と思いました。
でも自分を卑下するわけでもなく、ただ「自分以外」についてOKといえるようなスタンス。最近、それが少しできるようになりました。

■変わりゆくもの

いいですね。変化していくこと、恐れずいたいです☆
2008/06/29 03:01  | URL | 大野 #-[ 編集]
-  -
大野君

ありがとう^^

大野君の言うとおり、個性って周りを遮断してしまうことじゃないんだよね。
むしろどんな周りでもすべて受け止め、受け入れても、
それでも「あってしまうもの」それが、個性なんだと思います。だから個性のない人はいない。だけどそれを
上手く出せなかったり、ステキな部分を欠点と思っていたり、要するに社会と自分との関係の中で、どう自分を自分らしく保つか、ですよね。
比べたり、社会の基準に合わせたりするのでなく、
自分は自分、誰がほめてくれなくても、自分は自分を好きでいること、自分に尋ねること、かなぁ。
ビートルズの歌にもありますよね。似たようなのが。

大野君はいつも柔軟で、人のよいところを見つけてほめるのがとても上手で。それは自然体な自分の個性を知っているからだなと思いました。

そうなの、年を重ねるほど、人って変われないからねぇ。変われない=老いた人。だと思います。
2008/06/29 13:42  | URL | はな #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanautaguitar.blog107.fc2.com/tb.php/401-9422acc7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。