スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
生きることは美しい
2009/09/14(Mon)
20090914143102
(クリックして拡大してみてね)

仕事場のサンクチュアリに
バッタやカマキリが訪れる

サンクチュアリと言っても
伸びっぱなしのハーブの生えている
単なるプランターのこと

強い西日を浴びながら
カマキリがバッタをその鎌で捕まえ
頭からもりもり食べていた


彼にとってバッタは食糧
自分の命を繋ぐ有り難い食糧
それが彼の真実であり全てだ
その姿は潔い

「真実は主体によって異なるもの」

決して一つじゃない
そこを間違えたら不幸だ

「バッタの命をどう思ってるの?」
なんてカマキリに問うことは間抜けだ

それぞれの真実は交わらない
でも事実は一つである
カマキリがバッタを食べたこと

そして
命は他の命を糧にして生きるという
この世界の普遍と真理を
まざまざと見せつけた

「真理」は一つであろう



生きるってこんなにも美しいのだと
思わされた

生きるために必要なことを
等身大の己の力で
シンプルにやっていく

生きるってそれだけだ
それだけでいいのかもしれない
それさえできないことがある



陽に透きとおるその黄緑の身体

ケータイを何度も向けるわたしを見つめる
二つのまあるい造りものような目
(確かにわたしを見てた^^)

でも逃げることもなく彼は(彼女かもね)
自分が見つけた獲物を
ゆっくり、堂々と食べていた

私がカマキリに見惚れていることが
分かったのかもしれない
この記事のURL | 写真+詩など | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<言葉にしなきゃ伝わらない。 | メイン | しあわせの実>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/14 23:22  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanautaguitar.blog107.fc2.com/tb.php/648-5528c92c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。