スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
楠の神様
2010/01/22(Fri)
20100122164151
(クリック拡大してみてね)

いつも行く近所の八坂神社の楠木
これがご神木

じっと見ていたら
何だか森の中にいるみたい
たった一本でこの迫力

楠(クス、クスノキ)は
奇(くす)しき木ということから
この名前になったとのこと

つまり霊妙な木
神秘的な木という意味だそう

だから神社に植えられることが多いらしい

ここの神社の管理をしている
おばちゃんが言っていた

「この木はね、6月頃に葉っぱが赤くなって
落ちるんだよ」

おばちゃんは6月頃はいつも
落ち葉の掃除で忙しそうだった

6月赤くなるなんて
不思議な木だなぁ

他の木は秋なのに
天の邪鬼なのかな?

「赤くなりたいときに
なるのがいいんだよ」

高い梢に
子どもの姿をした神様が
座っていて
笑ったような気がした

また会いに行こう


・・・・・・・・・・・・・・

樟脳という虫除けの匂いは
この木から採るそうです
知らなかった~
明日、木をちょっとはがして
かいでみよう
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<知っていたはずの自分を見つけた | メイン | 冬の銀杏>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanautaguitar.blog107.fc2.com/tb.php/780-c3477572

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。