スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
6年目の八重桜
2010/04/25(Sun)



深く深く呼吸をする
息をする
自らの心となるために

冷たく冷え切った指先
あったかいカプチーノのカップを
両手で持って
温まる

目を瞑り
深い息
落ち着いた空間
木製の広いテーブル
静寂の音
無心

ガラスの大きな窓の向こうには
八重桜の公園や
集まる人の喧騒が見えるけれど
音は聞こえない
不思議な無声映画のようで

わたしは一人別世界に沈む
深く深く・・・



太陽の呼吸が
歌となり

六年目の八重桜に
光が笑う

安堵のさくらか
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<心地よく耳を奪えたなら | メイン | 意味>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanautaguitar.blog107.fc2.com/tb.php/857-53b39e2b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。