スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地球のどこかで
2010/05/14(Fri)


(うちの隣の八坂神社の銀杏)

この銀杏は何を発信していますか?
よかったら感じとってみてくださいね^^

感じたことを教えてください

どの木もそうですが
銀杏は特に人の気持ちが分かるのだそうです


・・・・・・・・・・・・



毎日の行き帰り
八坂神社に立ち寄ります

行ってきますを言う日
ただいま~を言う日

歌を始めたきっかけになった
闇のような年月を超えてから

毎日を無事で終わったことが
どれだけ尊いことか
ただただ感謝を捧げます

自分も家族も関わる人すべて
その日が無事過ぎたことは
実はすごいこと

人は明日がどうなるか
分からない生き物です

誰もが明日が来ると疑わないけれど
明日が確実に来ることは
誰も保障されていません
それが肉体を持って生きているということ

だからこそ
朝目が覚めて生きているってすごいこと
夜布団に入れたっていうのもすごいこと

インドのストリートチルドレンや
今日殺されてしまった例の豚たちや
血のダイヤモンドと呼ばれるものを
掘っている子どもたちや
足や手を切り落とされた人たち
学校に行けない多くの子どもたち
象牙のために殺される象

地球のどこかで
今日眠る場所がなかったり
食べ物がなかったり
病気でも薬もなかったり
親もなかったり


そうしたことを思うとき
自分の闇を通して想像できる
辛さを比べることは意味がないけれど
想いを馳せることはできる


世界の闇
内面の闇

両方を想う時
今日ご飯が食べられて
雨露しのげて
眠れることの
有り難さを知る

歌を歌えたなんてサイコーなこと

そんな気持ちで
いつも神社に立ち寄るのです
この記事のURL | 写真+詩など | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<森田童子、再び | メイン | 青空には涙が溶けているから。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanautaguitar.blog107.fc2.com/tb.php/884-af8ea6c9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。